キロロリゾート
経営母体:キロロアソシエイツ(公社(地元+ヤマハ))→ヤマハ→三井不動産リゾート→シェアグループ(タイ王国)
ホームページ:http://www.kiroro.co.jp
 
AtsuMIX'S評価
アクセス


 
★★


 
◎ 新千歳空港からのアクセス ◎
・バス
新千歳空港−[リゾートライナー 2時間 1日6往復]−キロロ
・列車
新千歳空港−[JR 80分 1時間2本]−小樽−[北海道中央バス 50分 1日2本]−キロロ

◎ 札幌からのアクセス ◎
・バス
札幌−[北海道中央バス 1時間30分 1日1往復]−キロロ
・列車
札幌−[JR 40分 1時間2本]−小樽築港−[北海道中央バス 50分 1日2本]−キロロ

※北海道中央バスの便は、土休日と冬休み期間のみの運行です。要予約。詳しくは、キロロまで問い合わせ。


新千歳、札幌市内とも札樽道経由。朝里ICより厳しい峠道を越えて到着、以前は冬季通行止めだったとの話。レンタカーでは行かない方が無難。酔いやすい人は酔い止め薬を絶対に飲んでください。途中、金山PAで休憩がある。
規模 ★★★★ 規模は非常に大きい。2,3日いても飽きないと思う。
輸送力
 
★★★★★
 
ゴンドラ、フード付き高速リフトなど多数ある。込んでてもそんなに待たないと思う。
スノボー好適度 下の方がなだらかすぎて止まってしまう。初心者が滑りやすい、余市第二・朝里第一コースを滑って、戻ってくるのがやっかい。斜面が急なコースか、停まってしまうようなコースしかない。ワックスは必須。
食事 ★★★ 食事は若干高いがけっこう美味しい。ホテルの一部のレストランで「夕食券利用可」と書いてあるが、差額が必要。
リゾートホテル
 
★★★
 
15−16シーズンに、運営会社が、アメリカのスターウッドホテル&リゾートに運営委託し、リブランドした。マウンテンホテルは、シェラトン北海道キロロリゾートに、 ホテルピアノは、キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道となった。 トリビュートポートフォリオホテルブランドでは、アジア太平洋地区初となる。 温泉もあるしレストランの数も多い。食べ放題のレストランは混雑するので注意。温泉やレストランの利便性で選ぶのならトリビュートホテル。スキーをする上で便利な方を選ぶのなら、シェラトンホテルを選ぶのがいい。ホテル間は、送迎バスで、5分ほどで、10分間隔でピストン輸送している。(遅い時間は30分間隔)

支払っている値段を考えれば、仕方ないが、年々、ホテルの満足度が落ちている。時間のかかるチェックイン、滑り終えて、夕方に部屋に戻っても、清掃がまだだったり、全館禁煙なのに、灰皿として使われたと思われるくさいコップが部屋にあったり、同じく歯磨き用のコップに前の人の歯磨き粉が残されていたり…。 たまたま、自分だけだと信じたい。
客層は、最近、アジアンが多いように思う。
価格
 
★★★★
 
’11−12シーズンで20周年。 ずっと値下げしていたが、15−16シーズンから、強気な値段設定も見られる。 ただし、安いプランを見つければ、最高のコストパフォーマンスが得られると思う。キロロのツアー用のリフト券は最終日14時までのリフト券になるので、注意!午後券を買わないで、無料バスで小樽に向かい、小樽市内観光もオススメ。
札幌発の日帰りツアーは、15−16シーズンから、大幅な値上げがあった。小樽築港まで電車で来て、シャトルバス利用で、安く楽しめる。
好天率 標高が高く、雪質・積雪量ともに道内トップクラスだが、晴天率はきわめて低い。風も強いため、リフトは全てフード付き。
総合評価
 
★★★★
 
主に朝里岳にあり、札幌国際の裏側となる。 標高は 1180m。 長峰エリアは 1090m。 標高差 610m。
スキーヤーにはいいスキー場だと思うが、ボーダーには、止まってしまうような場所もある。長峰第1の脇は、かなり長い緩斜面。要ワックス。
評価項目については こちら をご覧下さい。

コメント:
大手の資本(ヤマハ)が作っているので、規模は大きい。ヨーロッパのスキー場を意識して作ったらしく、山の表に裏にと滑れる。土日はやや混雑する。
海に近いためか風が強く、リフトやゴンドラが止まる日もしばしばある。

05−06シーズンにダイナミックコースの改良を実施したが、少しは滑りやすくなったような気がするものの、今までとそんなに代わり映えはしない。もうちょっと、斜面の平均化をすると、初級のスキーヤー・ボーダーにも滑りやすいと思う。
15−16シーズンから、アメリカのスターウッドホテル&リゾートに運営委託し、リブランドした。マウンテンホテルは、シェラトン北海道キロロリゾートに、 ホテルピアノは、キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道となった。 15−16シーズンから、新千歳空港〜キロロのリゾートライナーの一部が朝里川温泉経由となり、所要時間が延びました。 小樽〜キロロの路線バスが廃止され、無料送迎バスとなりました。大きな荷物は厳しい。 札幌〜キロロの路線バスは、土日・学休期間の運行で1日1往復に減便 予約制となりました。
16−17シーズンから、新千歳空港〜キロロのリゾートライナーは、直通に改善しました。
16−17シーズンから、キロロ〜小樽築港の無料送迎バスはなくなりました。


スキー場へのアクセス(時刻表)

ホーム