今シーズンは、キロロの悪口ばっかりだけど、事実。
今シーズンは、よく滑った。 キロロ10日、サホロ9日、夕張4日 合計23日!

レポートの中で、夕張に列車で行っていますが、2016年3月26日ダイヤ改正で、新夕張〜夕張の普通列車が、大幅に減便されています。
ご注意ください。 ホテルに宿泊の場合、時間により、新夕張へ送迎して貰えます。前日までに要予約。


いよいよシーズンラスト。 去年よりも1週間早い。

日にち:16年3月1日〜3日
場所:サホロ
天気:1日 晴れ(強風)  2日 くもり  3日 雪
積雪:山頂180cm 
雪質:パウダー、しまり雪
気温:1日 −6度  2日 −9度  3日 −9度
リフト:第四リフト平日運休
コース:センターボウルウェイ上部で規制
待ち時間:クラブメッドの客が集中すると、ゴンドラで5分以上の待ち時間が発生する

1日は、全道的に天気が悪い、特に日本海側は天気が悪く、新千歳空港へ行く午前中の便は、軒並み欠航していた。自分は帯広なので平気。
今回も、順調にサホロに到着し、スムーズにチェックイン。 この段階で、部屋に通してくれる。
サホロは、朝早くに出発する外国人の団体ツアーに対応して、早い時間から、部屋の掃除を始めている。だから、11時前に到着しても、
部屋に通せるのだと推測する。 同様に、チェックアウトの遅い、スキー客の部屋に、到着の遅い、インバウンドを通すのだろう。
ホテルに着くと、荷物が届いていないトラブル。前日に道路が通行止になり、その日に到着指定したのが原因。 ホテルの荷物の担当者には、
連絡が通っていた。サホロは連絡の体制がしっかりしている。今度からは、ホテルには迷惑をかけるけど、2〜3日前に到着するように指定しよう。
ゲレンデに出ると、第6シュレップリフトしか動いていない。仕方なく滑るが、嫁は上手く乗れずに、係員に排除されてしまった。
外国人のこどもが、"she is down!!"って伝えてくれた。 2回目もチャレンジするも、失敗。 諦めていた。
そのシュレップリフトも、途中で立ち往生するこどもが連発して、話にならない。 インストラクターも大変なのはわかるけど、面倒見てくれよ!

2日は、朝から、ダラダラと滑る。 この時期にしては、かなり柔らかいバーンで滑れた。
いつもワックスを作ってもらっている業者から、フラーレンを使用したスタートワックスを貰ったので、試してみる。
ゴンドラを降りて、セントラルを滑っていくと、第8リフトの山頂駅手前から、緩やかな上り坂となるが、そこでの滑走製は、抜群にいい。
しかし、マッチ箱サイズで5000円近い物は、使えないな〜

3日、いよいよ、今シーズン最終日。
来シーズンに向けて、スイッチを熱心に練習する。 だいぶ上達してきた。
途中、嫁さんが使っている、古いelanのinverse にチェンジ。 数年前に買ってあげて、自分は一度も乗っていなかったけど、柔らかくて面白い。
自分の、HEADのintelligence i.ctに比べると、フニャって感じ。 でも、バタつくことがない。 これは面白くて、欲しくなってしまった。
数シーズン愛用した FlowのNX2 AT(ビンディング)のハイバック部分の金属が破断しているのを見つけた。残念だけど、引退。念のため部品取り用
にする。
お昼で上がって、午後の便で東京に帰った。 板は、1月のキロロから、ホテルや、クロネコヤマト・郵便局を倉庫代わりにして、置きっ放しだった。

今回の旅行は、ジャルパック利用で、夕食とリフト券が付いて、36,800円



ホテルシューパロは今年で30周年、マウントレースイは25周年らしい。

日にち:16年2月17日〜18日
場所:夕張 マウントレースイ
天気:17日 晴れ  18日 晴れ
積雪:山頂170cm 
雪質:しまり雪
気温:17日 −4度 18日 −5度
リフト:全面滑走可能 
コース:レーサーズコースは規制(翌週のテクニカルプライズテストのため)
待ち時間:ない

今回の旅行は、前日に北海道に入った。
14時に仕事を終えて、15:30のJAL521便で新千歳空港へ。アウトレット・レラに寄りたかったので、レラの送迎バスを
利用して、買い物をした。その後、徒歩で南千歳駅から、スーパーおおぞら11号に乗り、1駅目の追分で、前を走る普通列車に
追いついた。19:20に夕張駅到着。1駅分送迎バスを使って、浮いたお金で、特急を使える。(もちろん買い物もしてます!)
スキー場とホテルシューパロを結ぶシャトルバスの最終が19:30なので、ホテルマウントレースイから乗せてもらう。(要予約)
温泉につかって、翌日に備える。

17日は、朝1から滑る。14日に雨が降ったとのことで、コンディションが心配されたが、斜度のあるところ以外は、雪が付いていた。
パノラマやレーサーズの斜度のあるところは、氷が露出して、完全にダメ。スケートリンク状態。ケツから転けると大変!
1人なので、適度に休みながら、スウィッチの練習をこなしていく。今シーズンは、スウィッチが上達した。

18日も1人でのんびりやる。 朝から滑ると、しばらくの間は、ゲレンデの自分のシュプールを追っていけるので、ターンが均等に
できているか、チェックできる。
10kgのダイエットの効果が出て、滑りも良くなっている感じがする。
この日は、14:40のバスが運休なので、たっぷり、16時まで滑る。
終了後、近くの郵便局から、次のサホロに向かって、板は直送。セイコーマートで買い物して、JL524便で帰った。

今回のレースイは、スノーボーダーが本当に少ない。1割切っている感じがする。業界ももっと頑張らないと…

今回の旅行は、特典航空券利用。 1泊目は朝食のみのプラン、2泊目にリフト券が2日付くプランを利用した。
Yahoo!の5000ポイントがあったので、1万円ちょっとで行けた。

マウントレースイスキー場でロケをした、「スイートハート・チョコレート」という映画は、3月26日から、日本で公開とのこと。

スキー・スノボーには関係ないことだけど、17日は夕食バイキング付のプランにした。
通常 18〜20時で設定される時間が、インバウンド(訪日観光客)の到着が遅れたようで、19〜21時となった。
レストランの従業員も当然、1時間残業を余儀なくされるのだろうが、地方の交通機関が衰退する中、こういう突発的なことが起こると、電車・バスでは、
帰りの足は確保できず、車通勤となるだろう。JRもバスも第三セクターも乗って残すことが原則だけど、夜遅いと最終も終わってしまうだろう。
マウントレースイは、市の持ち物で加森観光へ業務委託となっているが、こういう所が、乗って残すを積極的に勧めない限り、交通機関の
衰退は止まらないだろう。 公共交通機関での通勤を促進する→本数が増えたり、始終車延長という好循環は望めないだろうか?
’16年3月のダイヤ改正では、石勝線の新夕張〜夕張は大幅な本数削減になる。



板は、前のキロロの帰りに、新千歳空港からサホロへゆうパック。

2週間開けてのサホロ

日にち:16年2月9日〜11日
場所:サホロ
天気:9日 小雪  10日 小雪  11日 雪
積雪:山頂120cm 
雪質:しまり雪
気温:9日 −8度  10日 −6度  11日 −8度
リフト:第四リフト平日運休
コース:センターボウルウェイ上部で規制
待ち時間:クラブメッドの客が集中すると、ゴンドラで5分以上の待ち時間が発生する

今回は、チャイニーズニューイヤーの日程
9日は、前回と同じパターンで、サホロへ。いい加減、帯広空港の受付のおばちゃんの覚えられてる。
順調にサホロに到着し、スムーズにチェックイン。 この段階で、部屋に通してくれる。
サホロは、慣れている人にとっては、動線がコンパクトでいい。

チャイニーズニューイヤーのゲレンデは、外国人多し! ゴンドラで、シンガポールに住む、イギリス人のこどもが
話しかけてくれたが、全ての意味を理解できなくて残念。。。自分の英語力のなさを痛感する。
相変わらず、ゴンドラを中心で滑走する。

しかし、今シーズンは、雪が少ない。
この時期で、センターボウルウェイの上部からの進入ができない。規制されていない!?、スリリングラインから入っていくか、
別の方法で入るしかない。しかし、雪質は、その部分が非常にいい。

板は、夕張に直送した。

今回の旅行は、ジャルパック利用で、夕食とリフト券が付いて、38,300円



日にち:16年1月25日〜27日
場所:サホロ
天気:25日 晴れ  26日 小雪  27日 雪
積雪:山頂100cm 
雪質:しまり雪
気温:25日 −10度  26日 −8度  27日 −3度
リフト:第四リフト平日運休
コース:センターボウルウェイ上部で規制
待ち時間:クラブメッドの客が集中すると、ゴンドラで5分以上の待ち時間が発生する

この冬は、羽田−帯広のJL573が去年よりもフライトが早く、8:30にとかち帯広空港に到着する。
9:30にリゾートライナーが出発して、11時前にサホロに着ける。新千歳空港利用で、ルスツやキロロに行くよりも、
早く到着できて、滑走時間を確保することができる。
今回は、今までではじめて、道道75号線経由だった。交通量が少ないのはいいが、遅い車があると、ダメ
サホロのチェックインは、とてもスムーズ。到着して、チェックインして、荷物を受け取るまで5分かからない。
花森熊カフェで早めのランチして、滑り始める。
サホロらしい、十勝晴れ。山が綺麗に見える。
夜は、クラブメッドがオーストラリアデーを祝う花火を上げていた。

26日は、一緒に行ったオヤジはスクールに入ったので、自分は1人で、ゴンドラをひたすら循環する。
オーストラリアデーだけあって、オーストラリア人が多い。 中には、Tシャツで、国旗を持って滑ってる集団もいた。
こういう雰囲気があるから、外国人の多いスキー場は楽しい。本当はメッドに泊まりたいけど、今は完全に予算オーバー。
1人で滑りながら、改めてサホロの検定バーンを滑ると、難易度高いなぁって感じる。(3年前に落ちてる(涙))
今シーズンから、サホロのスクールの時間が早まっている。終わった後に、滑る時間があるのはいいが、朝は忙しい。
そういえば、この日、寝入りばなに、ホテルで火災警報器が作動した。お風呂の湯気が原因らしいが、こういうこともあるんだと感じた。

27日は高校生も増えて、人が集中するとゴンドラが混雑する。
前の日からの雪が5センチクライあって、サウスからのセカンドシュートが気持ちよく滑れる。
サホロで、これだけのパウダーが堪能できるのは、なかなかないこと。
お昼で切り上げて、風呂に入って、ランチして、東京に帰った。
帰りのバスが、自分たち1組だけだった。千歳からのアクセスが増えているのだろう。今後、帯広空港へのバスの動向も気になる。

再来週、来るから、板を預かってとお願いしたら、快く引き受けてくれた。サホロのクロークの人は親切だし、フロントとの連携もよく取れている。

今回の旅行は、JALパックで、昼食・夕食・リフト券も込みで 42,100円



日にち:16年1月11日〜13日
場所:キロロ
天気:11日 小雪  12日 小雨  13日 晴れ
積雪:山頂270cm 
雪質:アイスバーンの上にシャーベット
気温:11日 −13度  12日 −12度  13日 −14度
リフト:全面滑走可能(センターの一部貸切)
コース:全面滑走可能
待ち時間:なし

今回はとにかく寒い3日間。 鼻毛が凍るくらいだった。
11日は、いつものJL501→リゾートライナーでキロロへ。この日は、ルスツ・ニセコ行きは5台。キロロは1台で26人。
さっそく準備して、滑り出すも猛烈な寒さで、すぐに鼻毛が凍る。今回は、先月と違って全面滑れるが、前日からの雪が20センチくらい
あるので、板があまり走らない。 寒すぎるせいもあるかも。 一応、中温域向けのワックスを塗っている。
寒さのせいで、レストランに人が滞留しすぎて、久しぶりに、「この席 次いいですか?」みたいな、声も聞かれた。

12日は前の日からの雪が10センチくらい、昨日より寒く、余計に1枚着て滑る。
スノボーのワックスは、硬くて施工性が悪い厳寒用のものを使っていない。 やはり、ここまで温度が下がると、滑りが悪くなる。

13日は、前の日からの雪が20センチくらいでふかふか。 なぜか、余市第1A・Bの合流点が上の方に変更になっていた。
コース脇のパウダーを楽しむように滑る。
早めの14時のバスで、新千歳空港に向かって帰った。

先月の2回目の北海道の後に、今回のツアーは申し込んだ。改善されていると期待したが、全然ホテルは改善されていなかった。
ホテルは今シーズンからスターウッドホテルズ(シェラトン)の系列に入ったキロロ・トリビュート・ポートフォリオホテル北海道。
前回の教訓があるので、部屋に入って、いろいろチェック。 ひっくり返っている歯磨き用のコップの中を見ると、コースターの中から、
前に泊まった人の歯磨き粉が出てきた。 前の人が、使っていないような状態で残していたので、掃除係が使ってないと判断して、掃除を
しなかったと推測する。
こういうホテルで、掃除係以外の客室をチェックする係がいるのかわからないが、杜撰としか言いようがない。
まぁ、ホテルとはいっても、リフト券代を引けば、ビジネスホテルより並の単価だから、仕方ないのかなぁ
もう、このホテルには期待はしない。

今回の旅行は、JALパック利用。 2回夕食、昼食3回、リフト券も付いて、1人 40,800円。



先週のキロロに引き続きレースイ。 荷物は、新千歳空港の郵便局から、夕張に送っている。

日にち:15年12月21日〜22日
場所:夕張マウントレースイ
天気:21日 くもり  22日 晴れ
積雪:山頂 40cm 
雪質:圧雪
気温:21日 −2度  22日 −2度
リフト:第1と第2
コース:ビギナーズ・ダンサー・スウィンギング滑走可能
待ち時間:なし

21日は、いつものJL501で新千歳空港へ。ぎりぎり、8時16分の快速エアポート→とかち1号→普通列車と乗り継いで、
9時32分に夕張駅着。 いったん、シューパロでチェックインして、30分後にスキー場に戻ってきた。
ゲレンデに穴があったり、石があったり、恐ろしい状況。案の定、板の裏に深い傷が…。

22日は、夜に少し雪が降るも、状況は改善されない。暖冬であることに気づかされた2日間だった。
早めの14時台のバスから JL520に乗り継いで帰った。

初日のアクセスについては、501から8時16分に乗り継げる可能性は、きわめて低いです。また、この乗り継ぎパターンの
新夕張→夕張の普通列車については、16年春のダイヤ改正で削減予定ですので、ホテルに新夕張まで迎えに来てもらう形となります。

今回の旅行は、特典航空券利用利用。 ホテルシューパロ宿泊 2食リフト券付きで約1万円でした。



2週連続でのキロロ。 荷物は渋々預かって貰えました。

日にち:15年12月13日〜16日
場所:キロロ
天気:13日 晴れ時々くもり  15日 小雨  16日 晴れ
積雪:山頂150cm 
雪質:アイスバーンの上にシャーベット
気温:13日 あったかい  15日 −1度  16日 −3度
リフト:朝里第1運休 15日は長峰第2も運休
コース:全面滑走可能
待ち時間:なし

前回と同じアクセスで、11時半にキロロ着。 今週もバスは朝里川温泉経由では無かった。
先週のあまりにもヒドい宿泊に対して、文句を言ったら、いい部屋になった。
チェックインのオペレーションは、改善されて、ロビーにいるスタッフにも、用件を切り分けて、なるべく、待ち時間を少なく
したいという、気持ちが伝わってきた。

前の週よりも。雪も減り、ゲレンデのコンディションも良くない。
雨が降ったり、暖かい風が吹いていて、雪をどんどん溶かしていく。
雨降りよりも強風の方が、コンディションをわるくさせることを知らされた。

今回は、2・3日目は2日連続でスクールに入る。
スタンスが悪いんじゃないかとアドバイスをもらって、スタンスを狭めて、角度も変えてみたら、ビックリ! 上達した。
2日間マンツーマンで、3日目は、校長の大日方さんのレッスンを受けれたラッキー!

改めて、キロロのホテルの流れを見てみると、チェックアウトが12時(昨シーズンは11時)なのはいいけど、新千歳空港からの
バスが到着するのが、11時30分。 すぐにスキーロッカーが使えない。 クロークに預けるか、コインロッカー。
うまく、朝早く出発する団体旅行の部屋のロッカーが使えれば、便利なのだが…。

今回の旅行は、JALパック利用。 2回夕食、昼食4回、リフト券も付いて、1人 53,100円。



今シーズンも、キロロからスタート。
リブランドしただけに、期待していたのだが、とっても残念な結果に

日にち:15年12月 6日〜 8日
場所:キロロ
天気:6日 雪   7日 小雪   9日 くもり時々晴れ
積雪:山頂190cm
雪質:パウダー 最終日は圧雪
気温:6日 −12度  7日 −8度  8日 −8度
リフト:長峰・朝里第二運休
コース:長峰 滑走不可
待ち時間:なし


今シーズンから、リブランドで、ホテルピアノがトリビュート・ポートフォリオホテル・北海道に
マウンテンホテルは、シェラトンホテルとなった、キロロからスタート。泊まったのは、トリビュートホテル。

今シーズンも いつものJL501便で新千歳空港→9:30のバスで 毎度の、JL501便で千歳空港へ、 そこから 9:30のリゾートライナーに乗り継ぐ。今シーズンから、朝里川温泉経由となったが、
朝里川温泉に行く客が以内ので、直行。 2時間弱で、キロロに到着。
去年から、気になっていたオペレーションの悪さだけど、今回は、バスで8人が到着したのに、チェックインの時は、何人も並んでるのに、
対応するスタッフは1人。カウンター内にスタッフは他に何人もいる。 予め必要なチケット類を用意してないから、チェックインに時間がかかる。
全館禁煙の部屋はタバコ臭く、歯磨きのコップからタバコの匂い。(灰皿として使われたと推測)
とにかくホテルにはがっかりして、クレームしてしまった。

6日は日曜日なので、札幌国際は、かなりの混雑だったとの情報だったが、キロロは、大した混雑も無く滑れた。

ゲレンデの印象は、大して残らず、不満だらけだった。
この時期にしては、いい雪質で、スキー自体は楽しめた。

最終日は、嫁が「恵庭のうおはんに行きたい」というので、シャトルバスを利用して、小樽築港へ向かった。通常、リゾートエリア内をピストン輸送
しているバスなので小さい。日によっては、乗り切れないのを危惧する。で、うおはん行ったら、定休日だった。
「翌週も滑りに来るので、荷物を預かって欲しい」とフロントに頼んだら、「今年から、荷物スペースが小さくなったので、預かれない」と、
言われてしまった。露骨に嫌な顔をしたら、「今回だけ特別に」と言われたけど、これって、特別な要求なのだろうか? 去年はやってくれた。

それ以外の、悪化した点は、部屋掛けによる精算がいっさいできなくなりました。
外国から、来られる方は、キロロでは両替ができません。新千歳空港や札幌市内で両替するか、カードを利用してください。売店でもカードOK。

今回の旅行は、JALパック利用。 2回夕食、昼食3回、リフト券も付いて、1人 35,300円。

今シーズンは、キロロのツアーに割安感がある。考えてみたら、高速道路の開通で、トマムやサホロの体感距離が近くなっているから、厳しいのかな?
雪質は、北海道のリゾートでは、ナンバーワンだと思うが。